ばね指のストレッチ方法

朝起きて手先が強張ったり、手指に違和感を覚える方にお勧めです。

手のこわばり感が激しい方の手からストレッチを始めます。どちらも同じ場合は好きな方の手から始めましょう。

①親指

親指を人差し指と中指で挟みます。爪の両端をストレッチをしないもう片方の人差し指と中指で抑え左右に10回揺らします。その後、前後、左回り、右回りと各10回行います。

②人差し指

人差し指の第1関節を親指で押さえ、中指の第1関節を曲げて、人差し指を支えます。このように親指と中指で人差し指の第1関節部分を支えて、人差し指の爪の両端をもう片方の親指と人差し指でつまんで、親指同様、左右、前後、右回り、左回りを各10回ずつ行います。

③中指

親指と薬指で人差し指のように中指の第1関節を支えます。そしてもう片方の親指と人差し指で、中指の爪の両端をつまみ、人差し指同様、左右、前後、右回り、左回りを各10回ずつ行います。

④薬指

親指と小指で中指のように薬指の第1関節を支えます。そしてもう片方の親指と人差し指で、薬指の爪の両端をつまみ、中指同様、左右、前後、右回り、左回りを各10回ずつ行います。

⑤薬指

親指で小指の外側から小指を固定し、薬指の第1関節を曲げて、小指の1関節を支えます。そしてもう片方の親指と人差し指で、小指の爪の両端をつまみ、薬指同様、左右、前後、右回り、左回りを各10回ずつ行います。小指を薬指で支えられない方は、親指で片方から小指の第1関節部分を支えるだけでもできます。

もう片方の手も①~⑤を行いましょう。
さてこの運動をした後、いっぺんに5本指を第1関節で曲げてみましょう。指の曲がりがしなやかになっているのが実感できるでしょう。